薬を服用する時のポイント

薬は、正しく服用しなければ、その効果が十分に発揮されません。
ですので、必ず薬局から受けた指示に従いましょう。

ポイントは、タイミング、分量、服用方法、服用期間、そして飲み合わせです。
これらのポイントを守れば、あなたの体も快方へ向かうでしょう。

古来から、人は安静を保つことでその体調を管理してきました。
もちろん、この方法は現代においても変わりません。
体調不良を感じたら、すぐに作業を中断し、安静な場所で横になりましょう。

薬は高度な技術を使って製造されています。
一錠ごとに厳しいチェックがあり、国の基準に適合している製品しか出荷されません。
ですので、薬を利用される場合は、必ず用量と用法を守りましょう。

お薬を飲むタイミング

お薬は、あなたの体調を考えて処方されています。
朝昼晩のタイミングに合わせて、薬を服用しましょう。
そして、指定された時間を守り、特定の症状が出た時に飲む薬と、常に飲み続ける薬をご確認ください。

お薬を飲み忘れてしまった、と言う時は、その分の薬を飲まずに保管しておきましょう。
くれぐれも、次のタイミングに、通常の薬に加えて、飲み忘れた薬を飲んではいけません。
どうしても心配な場合は、薬が切れた後に医師にご相談ください。

飲み薬には正しい飲み方がある

飲み薬は、水を使って飲みましょう。
水なしで飲むと、食道や胃に炎症が起きる可能性があります。
少量の水で飲むと、薬の消化速度が遅くなり、効き目が薄くなります。

アルコールやジュースなど、水以外の飲み物を用いると、副作用のリスクが高まりますので、飲んではいけません。
床に臥せた状態で薬を飲むと、喉に詰まらせるかもしれません。なるべく体を起こした状態で薬を飲みましょう。

飲み薬の飲み方が分からない場合は、事前に医師にご相談ください。
と言っても、大体の薬が錠剤か粉末ですし、水と一緒に飲めば大丈夫です。
特殊な形状をしている薬の場合は、事前に説明がありますので、ご安心ください。

薬に関するいろいろな情報は、受け取る人によって意味が異なります。
ですので、薬に関する情報については、医師や薬剤師にご相談ください。
ネットなどで得た情報を利用される場合も、まずは専門家にご相談頂いた方が安全でしょう。

薬の持つ意味

薬は、一度に複数錠処方されることもあります。
理由は、飲み合わせの影響がほとんど無い種類である事や、総合的な観点からあなたの体調維持をサポートすることです。

薬には、解熱剤や胃液の分泌を押さえるものなど、色々な種類があります。
なるべく、その薬がどんな効果を持っているかをイメージしつつ、服用しましょう。
そうすれば、健康のありがたみを実感できるでしょう。